ニンニク(にんにく)の効果

ニンニクでスタミナ増強剤

にんにくの抗菌作用

トップページ > 疲労の回復法 > ニンニク(にんにく)の健康増進効果

ニンニクの効果

にんにく特有の匂いは硫化アリル類のアリシンというもので、強い抗菌作用がありビタミンB1と結合するとアリチアミンとなりビタミンB1の吸収を高めて、 スタミナ増強剤として効果があります。
ビタミンB1は、糖質からエネルギーをつくるために不可欠で、疲労回復に役立ちますが、水溶性なので体内に長く留まることができません。 ところが、アリチアミンになると脂溶性に変わるため、吸収が高まり、体内に留まりやすくなるのです。その結果、ビタミンB1の働きが長時間持続し、 疲労回復効果が高まることがわかっています。
アリシンには免疫増強作用と抗がん作用があり、毛細血管を広げて胃腸や心臓の働きを高める作用もあり冷え性の方にも効果的です。 毎日少しずつ食べると、胃腸の働きが良くなり動脈硬化や血栓の予防など、健康面でもおすすめの食品です。 ニンニクは食品中最もガン予防効果も高く、冷え性や疲労回復にも最適な食品と言われています。

にんにくの種類

おすすめの食品 日本では、東北の寒地種と関東以西の暖地種があります。40数種類あると言われております。寒地種は青森の福地ホワイト6片、 暖地種には、佐賀大ニンニク、熊本・阿蘇産「嘉定種」などがあります。 また、アリシンを抑えた無臭にんにく、暖地向けで極早生の紫にんにく、超大型で匂いが少ないジャンボにんにく、暖地系で早生の平戸にんにく、 寒地系の有名なホワイト6片があります。

豆知識

トップページ | 病気
Copyrights 2016