にんにく注射の疲労回復効果

ニンニク駐車で疲労改善

にんにく注射は乳酸を分解して疲労回復

トップページ > 疲労の回復法 > にんにく注射の疲労回復効果

にんにく注射とは

にんにく注射とは、ビタミンB1を中心としたビタミンを含む、疲労回復や健康増進を目的とした注射のことを言います。 このビタミンB1の構成成分の中に含まれる硫化アリルがにんにくの臭いがすることから、にんにく注射と呼ばれています。 にんにく注射のビタミンB類は水溶性ですので摂取しすぎたり体内に蓄積することがなく副作用はありません。 逆にいうとすぐに体外に排泄されやすいので定期的に十分補充しておく必要があります。

成分

にんにく注射の成分としては、病院やクリニックによって微妙に異なりますが、 基本的にビタミンB群を主成分としていることがほとんどで、特にビタミンB1は疲労回復の効能として重要な必須の栄養素なので、 にんにく注射の成分として必ずと言っていいほど配合されています。

効果

にんにく注射の効果は全身に成分がいき渡るので、血行がよくなります。その結果、新陳代謝が高まり全身の疲労物質の乳酸を除去します。 にんにく注射には即効性があるため、疲労の回復や倦怠感の改善が体感できる人が多いのも特徴です。 緊張型の肩コリ、冷え性、頭痛、夏バテ、倦怠感のような、多くの症状に効果があります

料金

にんにく注射の料金は、病院やクリニックによってや配合成分の内容によっても異なってきます。 一般的に1回分にかかる料金は、約2000円前後から3000円がだいたいの相場金額になっているようですが、 同じ医療機関でも配合成分の違いにより料金に差があるようです。

副作用

にんにく注射で使用される成分は主に水溶性ビタミンがほとんどであり、過剰に投与された場合であっても、 体内で利用されなかったビタミンは尿として排出されるので、基本的に副作用の心配はないようです。 しかし、にんにく注射に使用される成分は病院やクリニックによって異なりますので、前もって医師に確認されるのが最善です。

トップページ | 病気
Copyrights 2016