お酢の効果

クエン酸で高血圧予防

酢は内臓脂肪を減少させる

トップページ > 疲労の回復法 > お酢の効果

お酢の効果

お酢の成分は水分が約90%、酢酸が約4%、アミノ酸、糖分などでできています。そして、この酢酸が疲労回復などの様々な効果をもたらしています。 人間が疲労を感じるのは2つの理由があります。

お酢を摂ると、成分の1つである酢酸が乳酸を分解して減らしてくれます。 さらに、酢酸と一緒に糖分を摂ると、ブドウ糖をグリコーゲンに変えて増やしてくれるため、 疲労回復が促進され、健康維持に役立ちます。一緒に摂る糖分としては、ハチミツが健康面でオススメです。
また、酢には疲労回復効果のほかに高血圧の予防、消化吸収の促進、骨粗鬆症の予防などの効果もあります。

お酢の種類

お酢の飲み方

お酢の飲み方は、刺激が強いので空腹時は避けて、薄めて飲むようにするといいでしょう。また、一度にたくさん飲むのではなく数回の分けて 飲むとより効果があります。 飲む時間帯は食後、運動前がおすすめです。運動前に飲むとダイエット効果を高めます。
お酢は加熱しても成分は変わりません。加熱すると酸味がやわらぎ摂取しやすくなるので酸味が苦手な人は加熱して飲食すると良いでしょう。

トップページ | 病気
Copyrights 2016