抗酸化作用に効果的な食品

トマトの抗酸化作用

抗酸化食品を摂取して悪玉活性酸素を除去しよう

トップページ > 抗酸化作用に効果的な食品

抗酸化作用とは

抗酸化作用とは鉄などが酸化によって錆びるのと同じように人間の体が錆びるのを防ぐ作用のことを言います。 具体的には人間の身体は年齢とともに老化しますが、それは活性酸素によって、金属の錆のように細胞が錆びていくためです。この錆びる、つまり酸化が活性酸素の仕業なのです。
活性酸素は絶えず身体の中で作られています。これが蓄積されると、単に老化を早めるだけでなく、がん細胞が増殖したり、動脈硬化、生活習慣病など 様々な疾病の原因になっていることが分かっています。

抗酸化物質

抗酸化物質アントシアニン 抗酸化物質は 体内で発生する活性酸素を取り除き、酸化の働きを抑える物質のことです。 活性酸素は微量であれば人体に健康な働きをしますが、大量に生成されると過酸化脂質を作り出し、動脈硬化、がん、老化、免疫機能の低下などを被害を引き起こします。
  本来人間はこの抗酸化作用を体内に持っていますが、年齢とともに減っていきます。 抗酸化物質には、体内で合成される体内合成抗酸化物質のほかに、ポリフェノールとカロテノイドがあります。 近年注目されている食品のポリフェノールには、ブルーベリーなどに含まれるアントシアニン、大豆に含まれるイソフラボンやサポニン、 ゴマの成分が変化してできるセサミノール、そばに含まれるルチン、緑茶のカテキンと発酵茶(紅茶・ウーロン茶など)のテアフラビンの総称であるタンニンなどがあります。 カロテノイドは、緑黄色野菜や果物など多くの食品に含まれるβ-カロテンやリコピン、えびやかになど甲殻類や、さけ、ますなど魚類がもつアスタキサンチンなどが知られています。
また、水素も抗酸化作用の効果があります。分子量の大きい抗酸化物質は消化器官で吸収され主に血流に乗って体を巡りますが、 水素は世の中で一番小さい分子なので体に入ると吸収されながら細胞を自由に透過し広がっていき、体の隅々にまで行き渡ります。
運動によって、当然活性酸素が発生しますが、適度な運動はそれを打ち消すほどの抗酸化作用を高めるので、抗酸化物質と適度の運動をバランスよくして健康な生活を送りましょう。

抗酸化作用をもつ栄養素

トップページ | 病気
Copyrights 2016