笑いの健康効果

大笑いして健康維持

笑いは健康の特効薬

トップページ > 笑いの効果

何故笑いは健康に良いのか

笑いは免疫効果を高めたり、集中力、記憶力を高めたり、自律神経機能を活発にしたりします。 また、ストレス解消や疲労回復効果もあります。 毎日笑顔で過ごすことでいつも若々しく健康で病気とは無縁の生活を送ることが出来るのです。お腹の底から笑って、心も体も元気になりましょう。

笑いは免疫力を正常範囲に調整

良く笑うことによりリンパ球の1種であるNK(ナチュラルキラー)細胞が活性化されガン予防に効果があります。
免疫力の低い人は高く、免疫力の高い人は正常範囲に 調整してくれる役割をします。また、免疫力が高過ぎる人に起こりやすい膠原病やリウマチの予防にも、笑いは効果的です。 実は私たちの体の中では、毎日ガン細胞が発生しているのですが、それを見つけて撃退するのがNK細胞で、ガンが発生しても、ガンにならないのはNK細胞のおかげなのです。

笑いは自律神経を安定させる

自律神経は、生命活動を維持するために必要な神経で、交感神経と副交感神経がありますが、これらが絶妙にバランスを取りながら機能しています。 しかしそれは意識的にコントロールは出来ません。 笑うことにより、自律神経の活性化を図ることが可能になります。
まず、笑い始めでは血管が収縮し、交感神経の作用が続きます。交感神経は心臓の働きを促進させ血流を増やします。 その後、副交感神経が活発になっていきます。その二つの神経系の働きが適度に繰り返されていい影響を与えます。

笑いは美容にも有効

笑うことによって顔の筋肉を使うため、筋肉の老化を抑え若さを保つことが出来ます。 同時に、顔の周りの脂肪を燃焼させるため、たるみなどの顔太りを防げます。 よく笑うと小じわが出来ると言われていますが、これは間違っています。 顔の筋肉を使わないと肌の艶や張りに悪い影響があるので積極的に笑うことをおすすめ致します。

笑いは血行を促進する

思いきり笑ったときの呼吸は、深呼吸や腹式呼吸と同じような状態になり横隔膜が刺激され体内にたくさん酸素が取り込まれるため、 血のめぐりがよくなって新陳代謝も活発になり、非常によい効果を与えます。

笑いでストレス解消

私たちはストレスとは切っても切り離せない環境の中で暮らしています。人間はストレスを受けると、脳が興奮状態になり酸素をどんどん消費する状態になります。 すると脳細胞への酸素供給が不足し脳の働きが低下してしまいます。笑うことにより、大量の酸素が取り込まれ、弱った細胞に酸素が行きわたり、活発化し脳の働きが上昇します。 その結果、気分がすっきりし、ストレス物質である「コルチゾール」の分泌が減り、ストレスが鎮められます。 人がリラックスしているとき、脳波にはα波が多く現れます。笑うと、このα波が多く現れることが知られています。つまり、それは笑うことで人はリラックスできるという証拠です。

笑いで筋力アップ

笑っているときは心拍数や血圧が上がり、呼吸が活発となって酸素の消費量も増えます。静かに過ごすより笑っているほうが、 カロリーの消費量が多くなります。さらに、大笑いするとお腹や頬が痛くなるように、腹筋、横隔膜、肋間筋、顔の表情筋などをよく動かすので、 多少ながら筋力を鍛えることにもなります。

トップページ | 病気
Copyrights 2016