健康水

健康水飲んで元気な毎日

ミネラルをバランスよく含んだ健康水

トップページ > 健康水

健康水とは

健康水はミネラルを含み、有害物質を含まない健康に良い水と言えます。有害物質は塩素や鉛、最近では放射能物質などがあります。

人気の健康水

健康水に含まれるミネラルウォーターの種類

ミネラルウォーターで健康

ミネラルウォーターとは、容器入り飲料水のうち、特定水源より採取された地下水をもとにしたもの言う。 日本では厚生労働省の食品衛生法で、処理方法が、ろ過、沈殿加熱殺菌以外に、複数の原水の混合、ミネラル分の調整、 オゾン殺菌、紫外線殺菌などの処理を行ったものとされている。
ミネラルウォーターはミネラル含有量、硬度、pH値によって、味、期待される効果、用いられる用途が変わってくる。
また、日本では農林水産省の「ミネラルウォーター類の品質表示ガイドライン」によって、ミネラルウォーターはナチュラルウォーター・ナチュラルミネラルウォーター・ ミネラルウォーター・ボトルドウォーターの4種類に分類されています

日本で販売されているナチュラルミネラルウォーターは、ろ過、沈殿、加熱殺菌による処理が義務付けられており、 これらがされない水は販売できないことになっているため、実際には天然水に近いというだけであって天然水であるとは言い難いものです。
これに対しヨーロッパ産は日本とは逆に殺菌など処理として手を加えられることが一切禁じられています。 つまり採取した水を殺菌などの処理をすることなく販売されているのです。但し自然の状態でミネラルが溶け込んだ水に限定されます。 このヨーロッパ産の無殺菌のナチュラルミネラルウォーターは手軽にお店で買うことができます。 日本ではおいしくて安全な飲料すいが求められることが多いのに対して、ヨーロッパでは健康のための飲料すいが求められています。 このように日本と他国とではミネラルウォーターの種類や内容が異なりますが、 日本にも「無殺菌の生水」のミネラルウォーターがあります。 「仙人秘すい」は日本で唯一厚生労働省から許可された水です。

海洋深層水

水温が急に冷たくなっている海水 海洋深層水とは、一般的には光合成に必要な太陽が届かない水深約200m以上で、水温が急に冷たくなっている層にあるカイスイのことです。
海洋深層水が生まれる場所は地球の両極である北大西洋のグリーンランド沖と南極海です。 ここで生まれた海洋深層水は、世界中の海を長い年月をかけて循環すると言われています。 その循環は何千年も昔から行われており、今もなお遥か昔の深層水が、私達の海の底で循環を繰り返しています。
海洋汚染の少ない深海で地球規模の時間を経過した海洋深層水は、健康維持に欠かせない無機栄養塩(窒素、リン、ケイ素などの栄養源)が多く含まれ、 陸水や大気からの科学物質の汚染にさらされる機会が極めて少なく、周年に渡り温度の変化が少ないかいすいです。 また、水圧30気圧以上で長い年月を経て熟成された海水であるため、多くの有益価値を秘めた海洋資源としても注目されています。 海水には健康に良い必須微量元素や各種ミネラルがバランス良く約60種類含まれているため、さまざまな有効利用についての研究が進められています。

正しい水の飲み方

水の飲み方

水の飲み方は30分から1時間位の間隔でコップ1杯の水をゆっくり味わいながら飲む。 一度に大量のみずを飲むと大量の排泄が起こり必要なミネラルも排泄されてします。 運動量によってみずの量も変えましょう。ジョギングは1時間に400ml、激しい運動の場合は1時間に800mlの水分補給を行って下さい。
脳梗塞の予防にも水分補給が大切です。夏は汗をかくため、気付かないうちに体内の水分が不足がちになります。そうすると血液の流れが悪化し、 血管が詰まりやすくなるので注意が必要です。
水分を摂取しても、体全体に浸透するには15〜20分程度はかかります。したがってみずを飲んでも、すぐに血液の流れがよくなるわけではありません。 大切なのは、汗をかいていなくても、早め早めに、そしてこまめにすいぶん補給を行うことです。 特にスポーツ時や外出時など、汗をたくさんかくときは、健康維持のため、普通の水よりも、スポーツドリンクが適しています。体への吸収が速いことと、 汗と一緒に消耗した塩分などのミネラル補給にも役立つからです。
エアコンの効いた室内は乾燥しています。汗をかかなくても、常に体から少しずつ水分が奪われています。 したがってエアコンを使用している室内にいる時も、きちんと水分補給をするようにしましょう。高齢になるほど、喉の渇きに気付きにくくなるので、 定期的に水分をとることが大切です。
また、ビールなどのアルコールを飲んでいると、たくさん水分をとっているように感じるかもしれませんが実際には逆で、アルコール類には利尿作用があるため、 飲んだ以上に尿となって水分が排出されてしまうため、注意が必要です。 それだけにアルコールを飲む時は、飲みすぎに気を付けると同時に、最後にミズを1〜2杯飲んでおく健康習慣をつけるようにしましょう。

水の豆知識

トリハロメタンの健康被害

トップページ | 病気
Copyrights 2016